総額はどれぐらい?子供の教育費

子供にかかる教育費、どれぐらいになるのでしょうか。
教育費は親の立場としては、子どものためならいくらでも使いたくなってしまうものです。
しかし、もちろん収入に限りはあるため、使いたいだけ使うわけにはいきません。

幼稚園から大学までのプランを立てる

幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、これだけの段階を少なくとも計画しておく必要があります
もちろん最初にすべて必要な額を準備するのではありません。
しかし、私立か公立かによってかかる費用に大きな開きがあります
「全部公立で!」と決めていたとしても、その通りにはならないケースもあるでしょう。
さらに習い事や塾なども考慮する必要があります。
計画で大切なのは、無理のなさでしょう。

させたいことと折り合いをつける

私立に入れて習い事や塾も複数させる、これを大学までずっと、とできる家庭のほうがまず少ないはずです。
幼稚園は数などの問題から私立に行くことが多い、小学校と中学校は公立でもよい、高校は私立の可能性もある、といったようにあらゆるケースを想定しておきます
習い事は幼い時からさせたいものですが、幼稚園や小学校の間は、その先の教育費を貯める期間という見方もできるのです。

補助金や援助も上手に活用

自治体によっては、私立幼稚園のための奨励費などが出ることもあります。
また、小学校や中学校でも就学援助(学用品や修学旅行費、クラブ活動費など)を受けられます。
高等学校就学支援金や、授業料を軽減する制度など設けている自治体もあるので、内容を確認しましょう。
大学は入学金の大きさや、自宅外からの通学となった時の費用なども、しっかりと計画しておく必要があるでしょう。

まとめ~本当に必要なものを

よく教育費の総額は1000万円以上と、脅し文句のように言われています。
親にしてみると不安を感じることになってしまいますが、これは一度に支払う金額ではありません
小さいうちには受けさせる教育を選びましょう。
子ども本人が大きくなるにつれて、受けたい教育の希望がクリアになってきます
それを叶えるためにはどのように貯めていくか、だんだんと大きくなる教育費をどのように準備するか考えておきましょう。