皆で協力!使用量を減らして水道代をきっちり節約

実は、電気代節約より、水道代節約のほうが難しいと一般的に考えられています
「うちの水道代は絶対に減らすことができない!」
こう思っている方こそ、水道代節約にトライする価値があるかもしれません。

水を使う場所を完全把握!

節水は、水を使う所をきっちりと把握し、場所ごとに行いましょう
キッチン、お風呂、トイレ、庭といったように水道を設置している場所を考えてみます。
この中ではお風呂が一番水を使うのでは?と思ってしまいますが、実は家庭で使用される水の約3割はトイレで、となっているのです。
次いでお風呂とキッチンがそれぞれ2割強となります。
さらには洗濯や、洗顔などでも水を使うことになりますね。

やはり多い所から節約してみる

トイレが一番多いといっても、行く回数を減らすこともできませんよね。
節水タンクに変えてしまう節水コマや節水グッズを使うことで使用量を絶対的に減らすのもよいでしょう。
トイレに大小レバーがあるなら、それを使い分けることも忘れてはいけません。
お風呂でも、節水できるシャワーヘッドを取り付ける方法もあります。
キッチンでの最大の問題は、水を流したままで、食器洗いをすることでしょう。
洗い桶を使って、つけおき洗いをすると、洗剤量も水道量も減らせます。

細かいところにも気を配る

5分間水を出しっぱなしにすると、何と60Lもの水が流れていることになるのです。
水の出しっぱなしを意識するだけでも、大きな違いとなります。
たとえば、出しっぱなしとなりやすいポイント、食器洗いや歯磨き、洗顔などに気を使うだけでも水の使用量に変化が出てくるはずです。
基本はコップや桶にためる、子供の洗顔ならレンジで温めた蒸しタオルを使用するなど、手間もかからない方法ばかりです。

まとめ~家族の協力プラス節水用アイテム

家族全員が絶対に使用する水道ですから、皆で減らそうという意識を持つことが肝心です。
「節水!」と貼りだすのではなく、歯磨き用のかわいいコップを洗面台に置くといったアイデアで勝負してみましょう。