支出を抑えたい!家計の何を見直すのがよい?

「どうしても貯金できない。」
「毎月赤字が続いていて、独身時代の貯金がピンチ…。」
こんな時には、家計の見直しが絶対に必要です

収入と支出のバランスが取れていないと、貯金は増やせません。
家計を見直すことによって、支出を抑えるようにします。
支出を減らすことができれば、収入は増えなくても、赤字解消や貯蓄に回せるでしょう。

どうしていつも足りないの?支出を種類分けする

まず、家計での支出を分類してみます。
お給料からなんとなく引き出して使っていませんか?
支出は、以下の3種類に分けることができます。

(1) 毎月必ず決まった金額が必要な固定支出
(2) 毎月変わるけれど必ず必要な変動支出
(3) その他の支出

支出を見直すには、種類ごとの特徴をつかんでおくことも大切ですね。

支出ごとに見直すポイントはコレ!

(1) 固定支出は、見直すことでグンと支出を抑えることができます。
「ずっと払っているから、そのまま…。」となりやすいものですね。
しかし、住居費を引っ越すことで抑える、保険を切り替えるなど見直す方法はたくさんあります。

(2) 変動支出は食事や光熱費など、どんどん増えてしまう可能性があるものです。
予算化をきっちりとすることで、赤字を防げるでしょう。
節約の腕の見せ所といえる支出ですよ。

家庭によって差がある「その他の支出」

(3) その他の支出は、趣味や交際費、レジャーなどに利用するものです。
しっかり予算をとりたい方(必ず毎年旅行に行きたい、など。)と、
我慢できるという方(頻繁に旅行には行かなくても大丈夫。)
の違いが大きい支出となりますから、各ご家庭のルールに従って見直す必要があるでしょう。

まとめ~トータルで支出を抑えることを意識しよう

支出を抑えたい時には、「お小遣いを絶対に減らさないと!」と極端な発想になりかねません。
しかし、あまりに制限しすぎてしまうと、継続は難しいものですね。
毎月のお小遣いを減らしても、ボーナス時には増やすといったように微調整をすると、
気持ちの上での大変さも軽減できるはずです。

家計は常にトータルで見る意識を持ちましょう。
どこか一部分を極端に制限しても、明らかな無駄遣いが止められなければ、
それはうまくバランスと取れていない状態なのです。