子供に読ませたいおすすめの本 8~9歳(小学校中学年)

今回は、「子どものために買って、読んであげたいor読んで欲しい。」
と思える本を厳選してご紹介いたします。

小学校中学年(3・4年生)になると、読書が好きな子・嫌いな子がハッキリ別れてくる年頃かと思います。
読書は嫌いだけど漫画なら好き、という子も居るでしょう。

しかし今日、成功者の多くは読書家です。
ビル・ゲイツ↓の両親は、書物を身近に置き、息子が本好きになるように導いたそうです。

c29e0a0cdf2e55e80b19546286830814
出典:http://mnky.jp/6731

他人の考えを知ることで、新しいものが見つかる。読書は、それを可能にします。

この時期の子どもは「ゴールデンエイジ」と呼ばれます。
発育でいうと、大脳の可塑性が比較的高く、動作習得の条件もピークに達する時期です。
勉強・運動のどちらにおいても、即座に短時間で習得できることができる年齢です。
ぜひこの時期に、沢山の本を読んで、どんどん新しい発見に出会って欲しいですね。

子供に読ませたい、8~9歳(小学校中学年)におすすめの本

10~11歳児向けの本はこちら