暮らしに無理なく節約を取り入れよう!

節約がストレスにならないように

「節約」と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか?
貯蓄のために……でもケチケチしていそう、ゆとりがなさすぎて挫折しそうと考える方も多いでしょう。
確かに、極端に節約を意識していると、出費を減らすことが目的ではなくなって、節約だけが目的になってしまいます。
そうではなく、無理なく暮らしに取り入れていける節約、これが大切になるのです。
節約がストレスにならないように心がけましょう。

節約には、節約そのものを楽しむ気持ちも必要でしょう。
とにかく切り詰めて、我慢の連続となると、節約することが嫌になってしまいます。
そして、節約には家族の協力も求められますね。どんなに一人で節約、節約と思っていても、家族が水を出しっぱなしで歯磨きをしていると、まったく意味のないことになってしまうでしょう。これも、節約しろ!と強制すると、誰でも嫌になってしまいます。
子供相手ならゲーム感覚で節約に取り組めるようなアイデアもこらしてみましょう。

節約は、気軽で始めやすいものから

節約術にはたくさんの方法があります。
電気代、水道代など光熱費を節約するもの、クレジットカードを利用してポイントをお得に活用する方法、お弁当、水筒持参、車など移動にかかる費用を減らす方法といったように、暮らしのすべてで節約しようと思えばできないことはないほどです。
しかしすべてをやろうと思うと、どこかで負担になってしまいますね。
気軽なもの、始めやすいものからまずはとりかかりましょう

このような節約アイテムを活用するのも、1つの方法ですね!

オール熱源対応節約クック ステンレス製圧力切替式片手圧力鍋(5合炊)3.5L H-5435
価格:4,298円(税込、送料別)

中には、節約が不可能なものも

普段の生活習慣などから「不可能な節約」というものもあります。
例えば、お風呂の残り湯を洗濯などに再利用するのも代表的な節約です。
しかし衛生面でどうしても気になるという方もいるでしょう。
これを無理やり「節約のために残り湯を使わないと。」と決めてしまうと、節約はできても気持ちに負担がかかってしまいます。

まとめ 締める・緩めるポイントを明確に!

節約を継続する上でも、締めるポイントと緩めるポイントをはっきりさせておくのがよいでしょう。
無理のない節約でスタートして、楽しくなってきたらさらに色々な節約にトライする意欲も出てきます。