どれぐらいあげる?子供のお小遣いの金額は?

子供のお小遣いにはどれぐらいの金額がよいのか、意外と決めるのが難しいものです。
よその家庭を参考にしたい、お小遣いをあげ過ぎにならないように目安の金額を知りたいという方も多いはずです。

家庭で決めるお小遣いについて

そもそもお小遣いをどのようにするのか、これがお小遣いの金額を決めるよりも先に決定したいことです。
両親それぞれが子どもの時にお小遣いをもらっていたかどうかによっても、意見が違ってしまうこともあるでしょう。
「○歳までは上げない。」「お手伝いをした時には上げる。」
といったようにそれぞれの家庭で決めれば良いのです。

具体的な金額は?

小学生の間は、お小遣いを上げるならその目安の額は学年に100円をかけた額で良いといわれています。
ただし、学用品でも絶対に必要なものは親が買う、必須ではなくても子どもが欲しいものを買うならお小遣いから、など実際にお小遣いで何を買うのかということを決める必要があるでしょう。
中学生以降は友人と出かけることも多くなり、月に2000円から3000円を目安にお小遣いとする家庭が多いようです。
高校生なら5000円ぐらいがお小遣いとして上げる金額となります。

お小遣いを上げる目的

子どもの時からお小遣いを早くから自分で管理したことで、金銭感覚が養われたという方もいるでしょう。
逆にお小遣いをもらってはいたけれど、足りなくなったらいつでも親がくれていたので、あまり意味がなかったという方もいるはずです。
子どもにお小遣いを上げることでどうなってほしいのか、最初にお小遣いを上げる前に決めておく必要があるでしょう。

まとめ

小さい間は、各家庭の判断でかまいません。
しかし一定の年齢(中学生ぐらいを目途として)になると、決まった額を渡してその範囲内で使わせたほうがよいでしょう。
子どもの行動範囲が広くなる時がターニングポイントです。
もちろん両親で話し合って、子どもにどのようにお小遣いについて理解させるかは決めておきましょう。