具体的に教育資金を貯める方法は?

実際の教育費は、大学での教育資金と具体的に狙いを定めておくことがよいでしょう。
高校までの教育は考えるけれど後は自由に、ということは現在の大学進学率では現実的ではありません。
つまり大学進学の資金を前提に、教育資金を貯めることが求められます

貯め時と使い時を判断する

初めての子供や一人っ子の場合、どうしても最初から大きなお金をかけたくなります。
しかし小学校の低学年までは、教育費を貯める時です。
高校入学までに、私立大学(文系)で必要な額(500万円強)の半額程度を貯めてしまう計画を立てておきましょう。
少なくとも200万円から300万円の準備が必要です。
そこまでの教育費は、家計でまかなうことを考えましょう。

学資保険や児童手当もプランに組み込む

児童手当を一切使わずに貯めると、200万円から240万円程度になります
これで大学のための資金のほぼ半額を貯めることができますね。
教育は受けるものと決まっているわけですから、生まれたときからすぐに教育資金を貯め始めましょう
学資保険は月払い、年払いで強制的に貯める方法と考えましょう。
保険によっては、定期預金よりもよい条件で貯められるものも見つかります。

パソコン操作する親子

進路をしっかり話し合おう

どうしても大学資金を貯められない家庭もあるでしょう。
そういった時には奨学金制度を利用することもできますが、将来に渡る返済の負担は必ず考えなくてはいけませんね。
子どもがどの進路へ進みたいのか、それまでに貯めた教育資金も含めて決定する必要があります。
親子での話し合いが重要になるでしょう。

まとめ~目標金額を明確に

ストレートに進学できず、浪人ということもあります。
また、留学などを希望することもあるでしょう。
どんな学校に通うのかという予定を立てるよりも、教育資金として貯める目標金額を決めるべきでしょう。
そこに近づくために、定期預金、学資保険、積み立て、児童手当を貯めるといった方法を組み合わせるのがベストです。