これなら続けられる!生活費の見直し方

生活費という言葉を使っていても、家計の中で「どれが生活費なのか」を
明確に把握している方は、少ないかもしれません。

貯蓄額を手取り月収から除いた残りが、生活費になります
生活費を、さらに固定支出や変動支出に大きく仕分け、
さらに費目ごとに予算を立てて管理するのが理想的です。

やりくりとチェックを開始!

家計のやりくりやチェック方法はいくつかあります。
昔からの家計簿は、今も家計のチェックの定番でしょう。

今ならクレジットカードで買い物や光熱費などもすべて支払い、出費をまとめている方も多いでしょうか。
クレジットカードの明細を管理することで、生活費を見直すこともできます。
他にも現金を袋分けする方法や、家計簿ソフトを利用してパソコンで管理する方法などもあります。

でも続かない…そんな時には

家計のチェックは、簡単なようで毎日、毎週、管理していくのはとても大変と感じる方もいるはずです。
忙しい中で、やる気を持続させるのも難しいでしょう。

分厚い家計簿を買ったのに、1ヶ月だけ書いて後は放ったらかしになっていませんか?
たとえば普段はレシートを貼るだけ、あるいは費目ごとにざっと書いておくといったように、
途中の手間をできるだけ減らしてみましょう
そして、月末にしっかりと集計するクセを付けるというのも一つの方法です。

とにかく自分が「これなら簡単で続けられる。」と感じられるまで、試行錯誤してみるのがよいでしょう。

まとめ~ぴったりの方法を選ぼう

生活している限りは、生活費は当然なくてはならないものです。
しっかりと管理するためには、家計のチェックと見直しは避けられません
もちろん見直す目的は、家計を黒字にすることです。
最初は赤字が続くと落ち込んでしまうかもしれません。
自分が疲れずにずっと続けられるチェック方法をより早く見つけることで、家計の見直しも確実に進められるはずです。